科学技術グループ

科学技術グループ

業務概要
 JAXA(宇宙航空研究開発機構)様、JAMSTEC(海洋研究開発機構)様等、主に研究開発分野のユーザ様を相手に科学技術計算向けアプリケーションプログラム、計算システム開発を行っております。開発部門のユーザ様を相手に業務をさせて頂いていておりますため、日常の業務を通じて蓄積した技術的ノウハウ、スキルを有しております。このためユーザ様の技術的テーマを十分把握した仕事が遂行できると考えております。
 また、一般的な技術ノウハウ・スキルばかりでなく、技術計算のトレンドに乗った開発も行っております。例として、残差切除法(安定な高速マトリックスソルバー)、MPI、OpenMP等の並列化技術等の他、JAMSTEC様向けにはFEM解析に関する専門知識を持っていなくても構造解析が行える深海用圧力容器解析プログラム、PVAnalも開発しております。

科学技術グループ実績
環境・エネルギー分野
1. 大気-海水相互影響係数推定コードの開発
2. 地域資源とネットワークを基盤とした地域の福祉水準にかかる計量モデルの開発
3. 汚染物質の土壌・空気拡散解析
4. 焼却炉の拡散成分分析及び熱伝導解析
5. 気液2相流・地盤浸透流解析
6. 波力の電気エネルギー変換アルゴリズム企画・ソフト化
7. 電界シミュレーション解析

シップリサイクルに関するインベントリ事業
建築・海洋分野
1. 機関室二重底振動固有値検討
2. LNG船SG防熱システム応力解析
3. コンテナ船の縦曲げ崩壊解析
4. 海上ブイ係留計算コードの設計/開発
5. ブイとその係留ラインの挙動計算プログラム開発
6. 多点係留システムの平衡位置計算プログラム開発
7. LNG船のFEM解析用全船モデル作成
8. スチールコイル積二重底強度検討プログラム作成
9. Ore Carrierの直接強度計算
10. Bulk Carrierの直接強度計算
11. チップ船の直接強度計算
12. 居住区コーナー部疲労強度解析
13. 損傷時・非損傷時復原性計算
14. ダメージスタビリティの計算
15. Bulk CarrierのMass Chart作成
16. グレーンローディングモーメント計算
17. 潮流によるオイルフェンス挙動シミュレーション
18. ダム取水塔の強度計算
19. シップリサイクルインベントリー管理

宇宙環境・航空機分野
1. エコエンジン燃焼器の流れ解析
2. ジェット騒音数値解析
3. 航空機ジェット騒音低減に関わる流れ場解析コード高精度化
4. 騒音予測ツール高精度化
5. エンジンナセル流れ解析
6. ファン・バイパスダクト全集流れ解析
7. 振動する遷音速ファン翼列のCFD解析および検証
8. 回転機械に対するUPACSの精度調査
9. 翼端間隙付ファン動翼列の計算格子作成およびフラッタCFD解析
10. 翼列流路CFD解析用入出力プログラムの開発
11. 動静翼列から成る単段ファンの計算格子作成およびフラッタCFD解析
12. 解析的モデルを用いたファン騒音予測プログラム開発
13. 直線翼列計算用モジュールの開発及び解析コードの改修
14. エネルギー方程式ソルバーの作成及び解析コード組込み
15. 二次元標準翼列のCFD解析精度検証
16. チタン合金製ファン動翼列のフラッタCFD解析
17. 複合材適用ファンブレードのフラッタCFD解析
18. 不等間隔格子用係数生成モジュールの開発及び解析コードの改修

高度シミュレータ・アルゴリズム分野
1. Lumped Mass法を用いた複合係留索の動的解析手法の検証
2. 自動メッシュ生成コードの拡張
3. 規格外製品発生量の最小化アルゴリズム・ソフト化- 巡回セールスマン問題応用
4. オイルフェンス形状計算プログラム作成
5. 気泡による摩擦抵抗減少のシミュレーション計算プログラム開発
6. 非定常二次元熱伝導シミュレーションプログラム開発
7. LOXシステム運転シミュレーションプログラム開発
8. タンデム二浮体運動解析プログラム開発

医薬・バイオ分野
1. 動物実験システム開発
2. 痛点計算システム開発

原子力分野
1. 熱交換器の気液2相流解析
2. Heliumの液化シミュレーションプログラム開発
3. 高レベル放射性廃棄物関連(熱-水-応力連成プログラム)

システム開発・SI分野
1. 軸対称耐圧容器強度計算システムの設計/開発
2. 技術用語和英対訳表作成
3. 損傷制御図及びその小冊子作成
4. CAPレポートの電子ファイル化システム開発
5. 国際トン数証書出力システム開発
6. 流体解析コード並列化作業
7. 圧縮性流体コードの並列化
8. 有限体積法による流体解析コードの並列化

ページトップへ
© 2018 株式会社エイ・エス・アイ総研