製品紹介

残差切除法

  残差切除法(Residual Cutting Method)は、新しく開発された連立方程式の解法の一つ。元数の巨大なマトリックスでも、速く、安定して計算できる解法で、ADI法・SOR法よりも高速、かつロバスト性の高い方法。また残差切除法を用いた計算サービスも提供いたします。
残差切除法

PVAnal

  有限要素法(FEM)による円筒形深海圧力容器の線形弾性解析を実施する、FEM解析技術者にとってやさしい実用的なWindows プログラム。JAMSTEC(独立行政法人海洋研究開発機構)殿の監修のもとで(株)エイ・エス・アイ総研が開発しています。
PVAnal
株式会社エイ・エス・アイ総研
ページトップへ
© 2018 株式会社エイ・エス・アイ総研